牛女

甲山


牛女(うしおんな)」とよく似た「件(くだん)」と呼ばれる妖怪が江戸時代からあったようだ。
「件(くだん)」は体は牛で頭は人間という姿で「牛女」はその逆の「頭は牛・体は人間」という違いがあり、その「牛女」は第二次世界大戦あたりから伝承があると書かれていたりするが定かではない。

甲山

ただ、ネットなどの書き込みには「西宮市を中心に噂される妖怪」という表現も多いようだが、小松左京氏が1968年(昭和43年)に発表した短編小説「くだんのはは」>>との関係はあるのか????

甲山周辺には、妖怪やUFOなど都市伝説が多い。
西宮の昔話にも、ソランジンという大鷲の話が甲山周辺に伝わるなどということもある。
様々な伝説のある「夫婦岩」>>があるのもこのエリア。


投稿日時 : 2020-12-20 16:16:37

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事

用語集 カテゴリ