辰馬喜十郎邸

← 前のページに

白鹿酒造記念博物館>>の西側にある洋風建築。
1881年(明治21年)に、日本人の大工の手で建てられたモダンな建物。

辰馬喜十郎邸

辰馬本家から分家した南辰馬家の辰馬喜重郎邸として建てられたが、現在は非公開になっている。
建築当時は「神戸旧居留地の英国領事館を模すように。」と命じたといわれている。
前の生垣の横に続くレンガ塀と共に、かつての阪神間モダニズムの名残りが感じられる。

兵庫県の近代歴史遺産にも登録されている。

Table of Contents