アサヒビール跡地「津門大塚山遺跡」で、鉄器製作の痕跡が見つかった

津門大塚町

昨年11月に現地説明会が行われた津門大塚町遺跡 (アサヒビール工場跡地西側)で、2023年2月4日(土)に2回目の現地説明会があった。

前回11月には8基の埋没古墳や形象埴輪、馬や牛の歯、祭祀を行うための場所ではないかとされる建物の柱跡や多くの土器などが見つかっていた。

今回は、さらに新しく2基の古墳と33棟の住居跡が見つかったが、特筆すべきは「鉄を作る人たちが住んでいたのではないか?」という発表だった。

土曜日のこの日は天気も良く、すでに新聞などで取り上げられていたこともあり大勢の見物人で賑わっていた。

鉄を作っていたとみられる建物
10号古墳
鉄塊と鉄滓
吹子の羽口(ふいごのはぐち)や砥石

今回見つかった古墳時代後期の建物群に鉄を生産・加工する集団が住んでいた可能性が高いとされるのは、素材となる鉄塊(てっかい)や鉄を作る時にできる不純物の鉄滓(てっさい)、吹子の羽口(ふいごのはぐち)などが見つかったことで推測されるという。
またこの時代にあった鉄鍛冶工房の発掘例としては、近畿屈指の規模ではないかという。

建物群

今回新たに見つかったのは、古墳時代の中期(5世紀前半)の方墳2基と、後期(6世紀後半)の竪穴建物33棟の跡。
このエリアで見つかったのは、全部で実に10基の古墳となった。

最後に見つかった10号古墳周辺からは、須恵器や土師器のほか、朝鮮半島で作られた陶質土器も見つかった。
陶質土器の発見は、西宮市内では初めてだという。

出土した須恵器・土師器
朝鮮半島で作られた陶質土器
指差す方向にある、釜戸の跡のある住居跡

古墳と住居が近いという特徴や炉は確認できなかったものの鉄を作っていた場所であったことなど。いろいろ想像が広がるが今回の調査結果のパネル展が市立郷土資料館で3月5日までの期間で開かれている。

投稿日時 : 2023-02-05 10:23:53

更新日時 : 2023-02-05 12:15:24

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事