西宮流へ戻る
今津・今津灯台から甲子園へ歩く

今津・今津灯台から甲子園へ歩く

1週間前からの天気予報ではほぼ絶望的と思われた1月25日(土)、幹事の方の言われた一言「これまで雨で中止になったことはありません」の通り、街歩きには絶好のお天気となりました。
今回は楽らく探見隊の案内で、昨年の12月初めに下見を行った、「神戸シルバーカレッジ・歴史探訪クラブ」103名の皆様を6班に分けて、「今津~今津灯台~甲子園球場」へとガイド実施しました。

朝10時出発の予定が皆さんの集まりが良く、最終組が10時少し回った頃に無事出発しました。駅前を出発後、旧国道・桜翁神社を案内し、和ろうそくの松本商店さん前で簡単に和ろうそくのお話をしました。

全景が良く見えるこの時期の今津六角堂を経由し、今津港の大関酒造今津灯台へ案内、近くに見える今津砲台記念碑を望みながら江戸時代の活況を偲びました。

甲子園球場が神社の裏に建設された、素戔嗚神社では野球塚の前で記念撮影を。
神社に関する昔話や、阪神タイガース星野元監督の揮毫による野球ボール型の記念碑や岡田元監督揮毫の野球塚を拝観。

皆さん甲子園球場では殆ど駅からスタンドに直行されるため、滅多に球場外周を観光することはなかったと言うことでしたが、色々な記念碑や記念プレートを鑑賞し、出入りする観光バスに驚きながら、改めて甲子園球場を見直されたのではと思いました。

総勢103名という今年度最大のグループの皆さんを無事案内させていただき、ガイド一同ホット胸を撫でおろしています。
神戸シルバーカレッジ・歴史探訪クラブの皆さんは1年間の間に2度も楽らく探見隊の案内を利用いただき有難うございました。
まだまだ西宮には魅力的なガイドコースもありますのでまたのご指名をお待ちしています。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告