山本清記念財団(旧山本家住宅)

← 前のページに

1938(S13)年に建てられた阪神間モダニズムの建築物としても注目される和洋折衷の建物。
設計は武田 五一氏の薫陶を受けた岡田 孝男氏(茶室研究家としても有名)。
実業家の山本清氏が、昭和41年からこの屋敷に住み、5代目当主としてこの建物をこよなく愛した。

山本清記念財団

阪神淡路大震災で様々被害はあったが、重大な躯体への被害がなかったことから、平成6年に亡くなった山本氏の遺言に基づき、結善町の邸宅と収集した美術工芸品などを後世に残そうと平成10年に財団法人・山本清記念財団が設立された。

現在、様々な文化教室なども開催されていて地域の交流の場ともなっている。

平成22年 「ひょうごの近代住宅 100 選」に選定
平成23年  西宮市より都市景観形成建築物の指定

国の登録文化財となっている建物や茶道具、漆器、絵画など応接に展示されたコレクションなどは見学が可能となっている。
—-見学開館情報——
開館時間 10:00~16:00(入館は15時まで)
入館料:200円
休館日:日曜・月曜・祝日
お問い合せ:0798-73-6677
住所:西宮市結善町1番24号
ホームページ>>
見学希望の方は要予約

Table of Contents