甲子園歴史館

← 前のページに

2010年3月に球場のリニューアルと同時にオープンした『甲子園歴史館』は、球場のレフト外野席の下あたりにある。
外野席の下の方に、細長くゆるくカーブして伸びる施設に中には『高校野球の歴史』『阪神タイガースの歴史』『甲子園球場の歴史』と大きく3つのゾーンから構成されている。
ここで野球が開催されていない日でも楽しめ、阪神タイガースファンでなくても、野球好きにはたまらない場所。

甲子園球場

展示館の中では、高校野球の名場面や阪神タイガースの記録、甲子園球場に関する資料など展示品が豊富。
常時の展示に加えて、時々企画展なども行われている。

また最近は体験コーナーも充実し、阪神園芸のグランド整備カーやリリーフカーに乗ったような体験が出来たり、参加者の名前が指名されるドラフト体験などもできるコーナーもある。

グランド整備カーのVR体験コーナーもある

1階の入館ゲートを通ると赤いじゅうたんを踏みしめて二階に上がる。
まずは高校野球ゾーン。
横の壁には、高野連の加盟校の高校名が入っている白球が並ぶボールウォーク。思わず自分の母校の名前を探し、カメラに収めたくなる。

たくさんのディスプレイが置かれ、これまでの高校野球の名勝負映像が流れていて画面に引き込まれ、当時の思い出が脳裏に蘇る。
その真ん中には、高校野球の春夏の優勝旗も飾られている。

『コレクションギャラリー』では、大正時代の粗末なミットやグローブから様々なゆかりの品が並んでおり、野球の歴史が一目でわかるコーナーになっている。

そして阪神タイガースのコーナーには、1985年、2003年。2005年の優勝時の監督ユニホームをはじめ当時の歓喜の瞬間がふたっしゅバックする仕掛けがいっぱい。
1935年の大阪タイガースの発足からの歴史も辿れ、これまでの選手の相手見に出会えるコーナーにもなっている。

細長い施設の真ん中あたりには『バックスクリーンウォーク』がある。
試合のない日に見学に来れたらラッキー。施設から一旦外に出てバックスクリーンの真下に立つことが出来る。
真下から見上げるバックスクリーンは圧巻。
(但し、イベントなどの予定で変更あったり、試合日でも時間によっては見学可能ですので、係の方にお尋ねください。)

甲子園球場を舞台にした漫画は多い。
通路の壁面が、『タッチ』『巨人の星』『ドカベン』のワンシーンが迫力で迫ってくるところもある。

甲子園歴史館だけの見学のほかに、球場内が約50分で見学できる『スタジアムツアー』は事前予約制なのでこちらから>>
※ 「通年のスタジアム見学コース」だけでなく、公式戦開催日のみに開催される「練習見学付きスタジアム見学コース」もある。

Table of Contents