甲子園名物/かちわり

← 前のページに

高校野球『夏の甲子園』の名物といえば「かちわり氷」。
かち割った氷をビニール袋に入れてストローで飲むという商品。
考案したのは、地元鳴尾町で100年になるという飲食店/まるまんを営む梶本泰士さんのお父様。

かちわり 甲子園

泰士さんが小学校の頃、金魚すくいをして持ち帰った持つビニール袋に入った金魚を見て、お父さんの国太郎さんが閃いたのが始まりだった。

昔は、たこ焼き用のフネに乗せてカキ氷を売っていたが、赤い蜜がこぼれてお客さんの服を汚すことが悩みの種だった。
「これなら頭も冷やせるし、溶けたら飲める!!」とストローを付けて売り出したら大ヒット商品になった。
昔はお客が、ジュースの素という粉末を持ってきて解けて来た頃に入れたり、ポケットウィスキーのビンを持ってくることも多かったという。

かちわりを売るのは、朝の10時頃から午後4時頃まで。
風と雲と試合のカードが売れ行きが左右するが、砕氷機の稼働のコントロールは長年の勘。
今は砕氷機だが、昔は金槌でたたいたり、アイスピックで割っていたという。

「かちわり」・・・とは、叩いて割ることと「かち=勝つ」に掛けてのネーミング。

Table of Contents