アニメ「長門有希ちゃんの消失」の聖地マップでスタンプラリー

投稿 . 2015年 12月 20日

この記事は 約 4 分 で読めます。

「アニメには興味がない」という方でも、アニメや映画、ドラマに出てくる場所が「聖地」としてたくさんのファンを集めているという話題は聞かれたことがあると思います。

アニメと西宮・・・といえば、多くの方が「火垂るの墓」を上げられると思います。
火垂るの墓の作者、野坂昭如さんが 先日亡くなられましたが、もうお一人、やはり亡くなられた水木しげるさんも一時期西宮に住んでおられたこともあったりして、そう考えると西宮とアニメも縁が深いのかなと思います。

背景に西宮が出てくるということでは、テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」と、映画「涼宮ハルヒの消失」が有名。西宮市出身の作者・谷川流さんのライトノベル「ハルヒシリーズ」の面白さで、世代を超えたファンがいる作品です。海外でも大人気ですが、その作品のスピンオフ「長門有希ちゃんの消失」が4月〜7月の間テレビで放送されていました。(現在は、DVD発売中!!)

そのアニメ制作にあたって、監督やスタッフが西宮を訪れ、写真をとり、空気感をつかんでいかれました。そのおかげで、アニメの画面には 西宮の風景がたくさん現れます。
おなじみの急な坂の通学路(通称、ハルヒ坂)から見はるかす街並みと海をはじめ、甲山や夙川もオープニングの背景に描かれています。

長門有希ちゃんの消失

登場人物やストーリーを知らない人でも、西宮市民なら「あ、あの場所は!」と身を乗り出すシーンがいっぱい。
そんなアニメ放映をきっかけに「長門有希ちゃんの消失〜探していた風景〜」という聖地マップが完成し、12月8日〜2016年3月31日までの期間で図書館ラリーが始まっています。
マップの配布場所は市内の図書館や西宮市役所、支所などで手にとっていただけます。
この他、西宮観光協会や西宮北口駅(駅構内/宝塚行きホーム)や阪神甲子園駅(東改札口横)にある観光案内所でも配っています。もちろん、最後の景品引き換え場所となるクリエーとにしのみや(ららぽーと甲子園内)でも!!
中央図書館/北口図書館/鳴尾図書館の3館でそれぞれのスタンプを押して、クリエーとにしのみや(ららぽーと甲子園内)に持ってきてくださったら、お楽しみのプレゼントを差し上げます。
先着1000名とさせていただいていますが、まだまだ十分にありますので、年が明けても楽しんでくださいね。

なぜ図書館巡りなの〜〜??それは、主人公の長門有希ちゃんが北高文芸部の部長だから!!
もちろん、アニメのなかには中央図書館が重要な場面で出てくるんですよ〜〜。

長門有希ちゃんの消失
持って歩いていただくマップには「長門有希ちゃんの消失」に出てくるポイントや背景写真はもちろん、西宮をより知っていただきたいと思い、市内の観光案内も盛り込みました。
また、巡っていただける方々が、ちょっと休憩していただけるようなカフェや美味しい和洋菓子やパン屋さん情報も盛り込んだ欲張りなマップになっています。
遠くから来られたファンにも、地元の皆さんにもお手元に置いてもらえるマップです!!

アニメをご覧になる時は、エンドロールまでお楽しみくださいね。
実は 西宮流の名前も出てきます。
西宮流の中に、こんなトリビュートサイトもつくっています。「西宮流文芸部」

そして、原作もぜひ読んでみてください。
原作は、西宮出身の作家、谷川流(たにがわ ながる)さんの「涼宮ハルヒの憂鬱」とそのシリーズ。
文体、セリフまわし、風景描写・・・とても質の高い後味のよい小説です。

図書館やクリエートにしのみやの休館日はあらかじめチェックしてくださいね。
休館日情報はこちらから⇨

クリエートにしのみやの年末年始のお休みは12月29日〜1月3日です。
12月28日は午後6時で閉店1月4日は午前10時開店
毎週火曜日が定休日ですので、1月5日はお休みさせていただきます。

年末年始にマップだけでも手に入れたいと思ってくださる方は、阪急西宮北口駅構内にあるにしのみや観光案内所でゲットしてくださいね。年末年始無休(営業時間は9:00〜19:00)です。
西宮北口駅構内の宝塚方面行きのホームにありますのでご注意ください!!