西宮流へ戻る
西宮蘭亭 曲水の宴

西宮蘭亭 曲水の宴

令和元年5月11日 北山緑化植物園 小蘭亭前の曲水で
「第27回 西宮蘭亭 曲水の宴」が開催されました。

令和になり、初めての曲水の宴 31名の参加者が,
中国王朝の装束や十二単に身をつつみ、曲水の流れに沿って座り
詩歌を詠まれました。

普段味わえない雰囲気です。来年は、皆さんも是非見学に来てください。

「曲水の宴」の解説 : (第27回 西宮蘭亭曲水の宴のパンフレットより)
曲水の宴は、三千年前 周の時代から桃の節供の雛人形流しの源流として行われていますが
東晋の永和9年(353年)会稽郡山陰県(現在の紹興市)の蘭亭で、書聖王義之が文士41名を
集めて、曲水の宴を行ったと「蘭亭の序」に記されています。
曲水に耳杯を浮かべ、自分の前を流れ過ぎるまでに詩歌をしたためる優雅な宴を
「曲水の宴」と言います。

昭和60年に西宮市と紹興市が友好都市提携し、昭和62年には友好の証として紹興市から
寄贈を受けた「小蘭亭」を北山緑化植物園内に建築し、同時に西宮市が「曲水の庭」を造園
しました。それを受けて平成元年に西宮蘭亭会を設立し、平成3年3月30日に「第1回西宮蘭亭曲水の宴」を開催しました。

西宮市 北山緑化植物園 緑と花と人のハーモニー <入場無料>
 四季折々の美しい花々、ゆったりとくつろげる芝生広場、日本庭園が美しい北山山荘、
小蘭亭などみどころも沢山あります。ここでゆっくり過ごしてください。

北山緑化植物園はここをクリック

北山緑化植物園から甲山方面へのハイキングもできます。
おすすめコースをご覧ください。

 

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告