「甲子園の土」キーホルダーを球児(高三)に贈呈

阪神タイガースの矢野燿大監督をはじめとしたコーチ・選手たちの「高校球児のために何かできることはないか・・・」という声の中から、「甲子園の土」キーホルダーを日本高等学校野球連盟に加盟する野球部の 3 年生全部員に贈ることが決まった。

「甲子園の土」入りのオリジナルキーホルダーはこれまでにも商品となていたが、今年開催されるはずであった『102回大会』と書かれたものは現在生産中で8月下旬をめどに順次各学校に配られるという。

今年は春の大会に続いて、夏の大会も中止が発表されたが、今は各都道府県単位にいろいろ工夫が検討されており、この発表は3年生にとってはさらに嬉しいプレゼントになりそうだ。

■矢野監督からのコメント
「阪神球団、甲子園球場、そして我々チーム一同からこの「甲子園の土」キーホルダーをお贈りすることになりました。
最後の夏に、甲子園出場に挑戦する機会さえなくなってしまった全国の高校 3 年生のみなさんに、現状を受け入れられないであろう方々もいる中で、なにか少しでも前を向いてもらえることができないかと考え、選手、裏方みんなでエールの想いを込めて土を集め、お贈りします。」

投稿日時 : 2020-06-08 22:48:26

更新日時 : 2020-06-08 22:48:27

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事