4月20日まで 『笹倉鉄平小さな絵画館』企画展開催中

催し 文化・芸術

タグ :

“光の情景画家”と称され、幅広い層のファンを持つ笹倉鉄平氏。

その笹倉鉄平氏の作品が展示されているのが、西宮市能登町の『笹倉鉄平小さな絵画館』
常設展はなく、油彩、水彩、スケッチ等の肉筆原画を中心に、企画展形式で展示されている。

小さなスペースだが、とても居心地の良い絵画館。

企画展の立案には笹倉鉄平本人も携わるということで、より画家の作品に対する想いやイメージなどを感じながらご観賞できる。

2019年1月10日~4月20日までは『大きな絵 小さな絵』と題して展示されている。
今回はあえて作品の大きさにこだわって歴代最大サイズの横181㎝から手のひらに乗るほどの最小の油絵まで描きおろし7点を含む20点の油彩・アクリル淡彩画が並ぶ。
笹倉鉄平

『笹倉鉄平ちいさな絵画館』
西宮市能登町11-17
開館時間-10:00~18:00 (入館は17:30まで)
休館日-火・水曜日(2015年より木曜日も開館します)、
      及び展示替期間
入館料-大人 300円  小・中・高校生 100円
阪急・西宮北口駅より徒歩15分
駐車場あり・無料(普通車6台分、マイクロバス可)
TEL 0798-75-2401
FAX 0798-75-2402

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2019-02-14 15:41:43

更新日時 : 2019-02-14 15:46:33

こちらの記事もおすすめです

フォローしてね〜! 西宮流channels

Instagram

@nishinomiya.style
follow us in feedly

西宮流の最新情報は、各種SNSでお知らせしています。 フォローしておくと、西宮流が更新された時にあなたのタイムラインに届きます。 どれでもお好きなのをフォローしてくださいね!