新鮮な魚介類『うお慶』 (西宮市南越木岩町)

タグ :
うお慶

阪急苦楽園口駅から歩いてすぐにある、うお慶の取材に同行した。
毎朝、店主の秋山さんは舞鶴から魚を仕入れており、季節に応じた新鮮な魚介を楽しむことができる。今の時期は、ちょうど9月1日に解禁された香住ガニがおすすめだ。

ところで、香住ガニのカの字も知らなかった「宮っ子S」は、どうやらズワイガニが何たるかも知らなかった。

ズワイガニは、水揚げされた場所によって名称が変わり(兵庫、鳥取、島根は松葉ガニ、福井は越前ガニなど)、ベニズワイガニである香住ガニもまた、香住漁港でだけ水揚げされたモノを指す。
うお慶

つまり、ズワイガニとは全くの別物でより深い水深1000mほどに生息している。
深海でミネラルを多く含んだ香住ガニは、身がふわふわで甘くてあっさりとした味わいが特徴だ。
さらに、水揚げ技術の進歩によって3年前から「活け蟹」として市場に出荷されるようになった。
要するに、さらにパワーアップした香住のカニをうお慶で食べられるのだ。

うお慶

残念ながら、取材日は台風21号上陸の翌日で、天候の影響から実物を見ることができなかった。
しかし、頂いた海鮮丼のおいしさを考えたら、きっとカニ丼もおいしいに違いない。
身をほじって食べることが面倒で、なんとなく敬遠していた「宮っ子S」だが、お店なら手軽に楽しめるので、今度家族と食べに来ようと思う。(事前予約がおすすめ!)

 

住所 兵庫県西宮市南越木岩町7-26
電話番号 0798-39-7162
定休日  火曜日
営業時間  ランチ 11:00~14:00(L.O.13:30)
ディナー 17:00~21:00(L.O.20:30)

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事