西宮流へ戻る
今年初めて名塩をガイドする

今年初めて名塩をガイドする

3月6日(土)、今年初めての依頼ガイドで名塩を案内しました。
お客様は宝塚で観光ガイドをされている「夢さがし隊」の6名の皆さまでした。
普段は名塩から旧福知山線廃線を武田尾までガイドされているそうですが、西宮の名塩地域を知らないと言うことでガイド依頼がありました。

名塩川に架かる橋梁にある「西宮名塩駅」を見ながら、まずは珍しい「斜行エレベーター」の搭乗体験を。3階広場からの景色を鑑賞。すぐ目の下は皆様の宝塚市です。

「蘭学通り」を通って「八重の像」へ、途中名塩川に架かる橋から「太鼓楼」を見上げながら「名塩御坊(教行寺)」の説明を実施。それにしても「蓮如上人」はすごい人ですね……。
「八重の像」では名塩出身の偉大なお母さん、「緒方八重」さんについてのお話を。

「名塩和紙学習会館」で名塩和紙の出来るまでと主な用途について熱心にビデオで学習されました。
その後「谷徳製紙所」さんのご厚意で見学会を中止しているにも関わらず、製紙所の作業所で簡単に名塩和紙について説明していただきました。

最後に「名塩八幡」を訪れましたが、ちょっとお疲れか、皆さん階段の下から参拝となりました。
皆さまお疲れ様でした。

名塩和紙学習会館並びに谷徳製紙所さん大変お世話になりありがとうございました。またの機会もよろしくお願いします。
夢さがし隊の皆さま、また西宮のガイド案内ご利用をお待ちしています。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告