海清寺

← 前のページに

海清寺は南北朝時代(1394年)の創建と伝えられる臨済宗の寺院で、禅堂として多くの禅僧を育ててきた西宮市を代表する禅宗寺院です。
隣が市役所というまちなかにありながら、クスの大木に囲まれた境内はひっそりと上品な雰囲気に包まれています。

薄田泣菫の『艸木虫魚(老和尚とその弟子)』の中の一遍「老和尚とその弟子」は人間臭い「茶話」の一つですが、舞台はこの海清寺です。➡

樹齢600年を超える市指定天然記念物のクスノキ

西宮市六湛寺町7−25

Table of Contents