記憶に残る洋食屋『洋食とワインのお店 土筆苑』

タグ :
土筆苑

『洋食屋には名物料理が必要』とシェフが考えたのがタンシチュー。
ディナーで出すのは1人前130g。オーストラリア産の3㎏以上の大きいタンから、僅か3〜4人前しかとらないという。

「子供でもちょっと背伸びしてナイフとフォークで食べて欲しいから。」と工夫したタンシチューはまろやかなデミグラスソースで煮込まれ柔らかく深い味わい。5時間煮込んだ後、急速冷凍し真空パックするというシェフの技がこの厚さでもとろけるタンを実現させている。

人気のカニクリーミーコロッケは、まずその大きさに驚かされる。見るからにサクサク感が伝わるコロッケはとにかくカニの味が濃い。「クリームとカニを半々ぐらい使っています。」相性のいいトマトソースとつやつやのベビーリーフの付け合わせが嬉しい。

シーザーサラダに使われているマッシュルームもベビーリーフも、どちらもその一種類しか作らないこだわりの生産者から仕入れている。真っ白で大きなマッシュルームの歯触りと香りも楽しみながら食べてほしい。

定番のメニューだけでなく『皮ごといただける羽曳野イチジク』や『熊本の塩トマト』など季節によって入荷する食材を心待ちにするリピーターも多いお店。

洋食とワインのお店 土筆苑
住所:西宮市高松町11~2–102
電話:0798-65-3366
営業時間:ランチタイム  11:00~15:00(LO 14:30)
デイナータイム 17:00~22:30(LO 22:00)
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)

投稿日時 : 2019-03-21 17:20:59

更新日時 : 2019-03-25 17:46:31

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事