西宮の桜特集

櫻男の手がけた公園 夙川

夙川河川敷緑地

 


夙川河川敷緑地は、河川全体が公園として整備されている都市公園で、香枦園浜から銀水橋まで総延長4kmのうち桜樹植栽は2.8kmにもなり、ソメイヨシノ約1200本、オオシマザクラ約110本など15種類、総本数約1660本にもなる、まさしく桜の公園だ。

昭和7年(1932年)「受益者負担」という考え方のもとに地域の住民も寄付金を出して5年計画で公園整備が始まり、その後昭和24年(1949年)、辰馬卯一郎市長の提唱で松の生い茂る河川敷に1000本の桜が植栽された。

夙川は松の名所でもある。桜と松の緑の対比が夙川ならではのうつくい風景を作り出している。


昭和26年(1951年)3月には戦災復興事業の一環として「夙川公園」が都市計画決定され、河川敷を公園化し河畔松林の全面的な保全がはかられることになった。

このことにより、現在のような松と桜の独特の景観を呈する夙川が誕生した。

平成2年(1990年)日本さくらの会選定による「日本さくらの名所100選」に姫路城・明石城とならんで夙川河川敷緑地も選ばれている。

今日の写真

12月17日

甲子園球場のある町『西宮』1924年7月に完成した阪神甲子園球場は、全国中等学校優勝野球大会の開…

新着投稿

おすすめ記事

  1. 鳴尾高校野球部
  2. 西宮北口駅前 涼宮ハルヒの聖地 ハルヒ時計
  3. 甲子園スイーツ
  4. キセキの葉書
西宮北口ハウジングギャラリー
活性リンパオイルマッサージ ボディラボプラス
プレゼント
ようこそ甲子園へ
西宮風景箱 野球場のある風景 好評発売中!
西宮ストークス
西宮観光協会
西宮市
PAGE TOP