令和元年10月13日 公智神社秋祭り

公智神社

公智神社の秋祭りは、午前10時30分より公智神社にて最も重要な儀式である例祭の神事が執り行われますが、今年は 巫女舞(浦安の舞)の奉奏が行われます。

午後1時には神幸祭が執り行われ、その後、神輿(みこし)が御旅所に向かって出発します。

同じころ、午前中に飾り付けが終わった各地区のだんじり7基はそれぞれの地区を出発し、大太鼓・小太鼓・鉦(かね)を叩きながら公智神社をめざします。
だんじりでいっぱいになるような狭い道を、上手に舵取りしながら進む様子も見逃せません。

午後2時半頃には御旅所(おたびしょ)付近に集まり、ここでの祭事を見守ります。
祭事が終わると、神輿は一足先に公智神社へと帰ります。
この頃、公智神社の境内では山口太鼓の奉納が行われます。

それに続いてこの日一番の見どころのだんじりの宮入りが始まります。
順番は例年決まっていて、公智神社の宮本である下山口地区の大だんじりが一番手で、同地区の小だんじり、上山口地区の大小だんじり、金仙寺、中野とひきだんじりが続き、しんがりは名来地区のかきだんじりです。

神社前の大鳥居からは、指揮者の指示で一台ずつ宮前坂を掛け声も勇ましく威勢よく駆け上がっていくのが見ものです。

お祭りの詳細は、西宮山口のホームページから➡

投稿日時 : 2019-10-03 15:24:06

更新日時 : 2024-01-29 15:33:27

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

» メルマガ登録の説明

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです