アンネのバラの教会

タグ :
アンネのバラ「花の名所づくり」

アンネの父オットー・フランク氏との出会いがきっかけ で、1980年に建てられた ヴォーリス建築事務所が設計した教会。

阪急甲陽園駅から急な坂道を登って行く 西宮市甲陽園西山町4-7 にあり、フランク氏の庭に咲いていた 「アンネの形見」 といわれていたバラが友情の印として送られ教会に植えられている。

バラは 蕾のときは赤色、開花するとオレンジ色に黄色がかった黄金色に、やがて花弁の先からサーモンピンクに、さらに濃くなり赤色に近くなる。四季を通じて咲き、5〜8輪の房咲き。 (アンネのバラ教会のホームページより)

「花の名所づくり」

アンネ・フランクの 資料室には、アンネの写真や、世界各国で出版されたアンネの日記などが展示され、アンネの生涯や時代背景が分かるようになっている。

資料館は毎週土曜日 (午後1時から5時 )一般公開されているが事前予約制
電話: 0798-74-5911
メール:church◎annesrose.com
教会のホームページはこちら➡

投稿日時 : 2018-10-28 20:00:09

更新日時 : 2019-10-28 20:14:39

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

西宮流のメールマガジン 購読無料

西宮流のメールマガジン

新着・おすすめ記事や
プレゼント情報が届きます。
ぜひご登録くださいね。

西宮の風景をつめ込んだダンボールクラフト

西宮風景箱

西宮の美しい風景を詰め込んで、西宮ならではのお土産にしました。甲子園球場の風景箱や、ハルヒのSOS団の箱もありますよ。あなたのお気に入りの場所もあるかも? ぜひラインナップを見てみてください。

こちらの記事もおすすめです

西宮流 (にしのみやスタイル) の新着記事