西宮流へ戻る

nabananohito

スポンサーリンク
絵本

「モミの手紙」

11月27日(土)にご紹介したのは、童話屋発行、ロバート・フロスト作、テッド・ランド絵、みらいみなみ訳の「モミの手紙」 農夫の山にはバルサムモミがあります。町の商人は1000本のクリスマスツリーがあるといい、でも、それは全部で30ド...
おはなし

11月27日(土)は、壺井栄作「二十四の瞳」

11月27日(土)10:30~11:00 放送(78.7MHz)11月28日(日)17:30~18:00 再放送の、おはなしのひと時は、壺井栄作「二十四の瞳」の十ハ回目です。 お話は、昭和3年、小豆島の岬の分教場から始まりました。1...
おはなし

10月23日(土)は、壺井栄作「二十四の瞳」

10月23日(土)10:30~11:00 放送(78.7MHz)10月24日(日)17:30~18:00 再放送の、おはなしのひと時は、壺井栄作「二十四の瞳」の十七回目です。 お話は、昭和3年、小豆島の岬の分教場から始まりました。1...
絵本

「昭和の子ども生活絵図鑑」「マッチの気もち」

9月25日(土)にご紹介したのは、金の星社発行、ながたはるみ、絵、奥成達、文の「昭和の子ども生活絵図鑑」と、文藝春秋発行発行、安野光雅、絵・文「マッチの気持ち」 「昭和の子ども生活絵図鑑」は、昭和の懐かしいものや風景がたくさん載っ...
おはなし

9月25日(土)は、壺井栄作「二十四の瞳」

9月25日(土)10:30~11:00 放送(78.7MHz)9月26日(日)17:30~18:00 再放送の、おはなしのひと時は、壺井栄作「二十四の瞳」の十六回目です。 お話は、昭和3年、小豆島の岬の分教場から始まりました。大石先...
絵本

「ざっそうの名前」「もっと美しき小さな雑草の図鑑」

8月28日(土)にご紹介したのは、福音館書店発行、長尾玲子作、多田多恵子監修の「ざっそうの名前」と、山と渓谷社発行大作晃一写真、多田多恵子文「もっと美しき小さな雑草の図鑑」 「ざっそうの名前」は、皆さんもよくご存じの花の名前が出て...
おはなし

8月28日(土)は、壺井栄作「二十四の瞳」

8月28日(土)10:30~11:00 放送(78.7MHz)8月29日(日)17:30~18:00 再放送の、おはなしのひと時は、壺井栄作「二十四の瞳」の十五回目です。 お話は、昭和3年、小豆島の岬の分教場から始まりました。大石先...
絵本

「蟹塚縁起」

7月24日(土)にご紹介したのは、梨木果歩作、木内達朗絵、理論社発行の絵本ですが、題名の通り蟹塚ができた理由はこうですよというお話です。 とうきちという若者と蟹、名主とその息子が登場人物ですが、前世でとうきちは、何千もの兵を率いて...
おはなし

7月24日(土)は、壺井栄作「二十四の瞳」

7月26日(土)10:30~11:00 放送(78.7MHz)7月26日(日)17:30~18:00 再放送の、おはなしのひと時は、壺井栄作「二十四の瞳」の十五回目です。お話は、昭和3年、小豆島の岬の分教場から始まって4年が経ちました。昭...
絵本

「カテドラル」

6月26日(土)にご紹介したのは、デビッド・マコーレイ作、飯田喜四郎訳、岩波書店の「カテドラル」でした。ー最も美しい大聖堂が出来上がるまでーとありますが、長い年月をかけて作り上げられます。 正面の東側の祭壇と聖歌隊の席から取りかかり...