西宮流へ戻る
スポンサーリンク
絵本

たいせつなもの

なばなネットワーク4週目の番組の最後に、子供たちだけでなくみんなが楽しめる、もちろん大人もね、そんな絵本を紹介しています。5月には、フレーベル館発行、マーガレット・ワイズブラウン作、レナード・ワイスガード絵、内田也哉子訳、「たいせつなこと」...
絵本

たべもんどう

4週目の番組の最後に、子供たちだけでなくみんなが楽しめる絵本を紹介しています。お聞きの皆さんにこんなお話いかがですか?という今月の絵本は、ブロンズ新社発行、鈴木のりたけ作、「たべもんどう」です。食べ物を題材に言葉遊び、そしてちょっと質問つき...
おはなし

4月27日(土)お話のひとときは、高村光太郎「山の春」そして「人の首」

さくらFM第4土曜日10:30からのなばなネットワーク「おはなしのひととき」は高村光太郎、「山の春」の続きと「人の首」です。 高村光太郎は、皆さんご存知の彫刻家で詩人。先月お聞きいただいた「山の春」の続きです。山は、一気に春になる。そ...
NGO/NPOな人々

3月30日のゲストは 六甲工芸社社長の八上祐子さん

西宮北口を舞台にした映画を作ろうと奔走されている近藤修平さんがゲストです。 自ら著作された「マスター先生」が竹本祥乃(よしの)監督の目にとまり、現在映画化に向けて進んでいます。 今後どのように進んで行くのか、映画化に向けて何が大変なのかもお話いただきます。
絵本

般若心経絵本

4週目の番組の最後に、子供たちだけでなくみんなが楽しめる絵本を紹介しています。お聞きの皆さんにこんなお話いかがですか?という今月の絵本は、今日は、小学館発行、諸橋精光作、「般若心経絵本」です。ふつうの本ですが、題名には絵本とある通り、イラス...
おはなし

3月23日(土)お話のひとときは、高村光太郎「山の春」

さくらFM第4土曜日10:30からのなばなネットワーク「おはなしのひととき」は高村光太郎、「山の春」です。 高村光太郎は、皆さんご存知の彫刻家で詩人。1945年から52年まで、岩手県の山の中で一人暮らしをしていた時に、その生活の間に書...
絵本

石たちの声が聞こえる

4週目の番組の最後に、子供たちだけでなくみんなが楽しめる絵本を紹介しています。お聞きの皆さんにこんなお話いかがですか?という今月の絵本は、新日本出版社発行、マーグリート・ルアーズ作、ニザール・アリー・バドル絵、前田君江訳「石たちの声が聞こえ...
おはなし

2月23日(土)お話のひとときは、中勘介 、鳥の物語より「 雉子(きじ)の話」

さくらFM第4土曜日10:30からのなばなネットワーク「おはなしのひととき」は、中勘介、鳥の物語より、「雉子(きじ)の話」です 舞台は、長柄川、大阪です。何度も水が出て、橋が流され、村人はどうしたものかと、垂水の里の社へ神慮をうかがい...
NGO/NPOな人々

2月2日のゲストは 映画をプロデュースしている近藤修平さん

西宮北口を舞台にした映画を作ろうと奔走されている近藤修平さんがゲストです。 自ら著作された「マスター先生」が竹本祥乃(よしの)監督の目にとまり、現在映画化に向けて進んでいます。 今後どのように進んで行くのか、映画化に向けて何が大変なのかもお話いただきます。
絵本

ヨチヨチ父ーとまどう日々ー

4週目の番組の最後に、子供たちだけでなくみんなが楽しめる絵本を紹介しています。お聞きの皆さんにこんなお話いかがですか?という今月の絵本は、赤ちゃんとママ社発行、ヨシタケシンスケさんの「ヨチヨチ父ーとまどう日々ー」です。絵本ではありませんが、...