西宮流へ戻る

「蟹塚縁起」

7月24日(土)にご紹介したのは、梨木果歩作、木内達朗絵、理論社発行の絵本ですが、題名の通り蟹塚ができた理由はこうですよというお話です。

とうきちという若者と蟹、名主とその息子が登場人物ですが、前世でとうきちは、何千もの兵を率いて戦った武将で、蟹はその家来たち、名主は、敵の大将です。戦さで死んだ武将の恨みが、今に引き起こした出来事です。恨みは怖~いというお話、暑い夏にいかがでしょうか?

毎月4週目の土曜日放送のなばなネットワークの最後(10:53ごろ~)に、子供たちだけでなく大人も楽しめますよという絵本、時々、え?本をご紹介しています。

コメント