SOS団in西宮に集合よ

*

本日、SOS団の仲間たちが西宮北口に集結・・・か!?

   

「北口駅前に集合ね。」

ハルヒ団長の召集に応えないわけにはいきませんよね。

今日は全国のSOS団の仲間たち、ハルヒファンの仲間たちが西宮北口に集まってくれそうです。

いいお天気。これもハルヒがそう願ったからですよね、きっと。

 

にしきた商店街のお祭りにあわせて、ハルヒ時計のお披露目に何かイベントをしたいというファンの思いが形になりました。

レイヤーさんも駆けつけてくれるようです。ポスターやスタンプなどもファンが自主的に用意してくれました。

さらに、こんなプロモーションビデオまでできてます!
ファンの人たちの力を結集して(しかも短期間で)つくられた動画が公開されているのを教えていただきましたので、ご紹介しますね。

 

地元のイベントに参加したいというファンの声に「いいよ」と応えてくださった「にしきた商店街」や地元のみなさんにも感謝です。

 

一昨年の「SOS団in西宮」イベントの栞ラリーの時も、趣旨に賛同して協力してくださったお店のみなさんが、ファンのみなさんとの交流を楽しんでおられました。純粋にハルヒとSOS団を愛するファンのみなさんの思いと、西宮が大好きでおもてなしマインドあふれるお店のみなさんとの思いが一つになった素敵な15日間であったこと・・・懐かしく思い出しながら、今日のお祭りの成功をお祈りしています。

 

※私、有奈は、本日もお留守番組でお祭りの現場には行けそうにありませんが、うちのボス(その2)が行くようですので、土産話とおいしいお土産を待つことにします[wp_emoji2 code=”d072″ alt=”プレゼント”]

 - つれづれ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

西宮文学案内秋期講座 谷川流『涼宮ハルヒ』を生んだ西宮の風景 ちらし
西宮文学案内秋期講座で「ハルヒ」を再発見

西宮市が主催する「西宮文学案内」は毎回濃い内容でファンが多い人気講座。
その秋期講座にハルヒが登場します。(といってもこれが初めてではないのですけどね)
講座タイトルは、「谷川流『涼宮ハルヒ』を生んだ西宮の風景」

西宮北口駅前のマンホール
まだまだ夏休みは終わらない

8月25日はここ西宮でも記録的な大雨が降りました。カエルちゃんの雨水マンホールもがんばったんですけど、各所で冠水しましたね。
雨にもかかわらずハルヒサマーフェス会場に足を運んでくださった皆さん、ありがとうございます。

SOS団in西宮に集合よアーカイブ展示
ハルヒサマー2013で「SOS団in西宮に集合よ」アーカイブ展示

夙川学院中・高等学校でサブカルチャーイベント「関西新文化シンポジウム」と「ハルヒサマーフェス2013」が開かれています。(8月24日、25日) 西宮流もスペースをいただいて、昨年秋の「SOS団in西宮に集合よ」で飾ったタペストリーやイベントの様子の写真、みなさんからのメッセージ付箋などを展示しています。

すっかり定着(^o^) ハルヒ時計

ファンの熱い思いで復元された時計塔ですが、それができたのはハルヒやSOS団がこの公園に登場するずっと前。阪神大震災の前でした。できた当時を知る人も少ないなか、「私が作ったんですよ」と名乗ってきてくださったデザイナーさんと出会えました。インタビューの様子は、西宮流のWho’s Whoで紹介されていますので、読んでみてくださいね。

涼宮ハルヒシリーズ
夏は夏らしく 本を読まねば

みなさんは谷川さんのノベルの中で、好きなセリフや表現ありませんか?
「グッときたセリフ コンテスト」始めました。 何回でも応募してくださいね。

涼宮ハルヒシリーズ
まだまだ夏休みは続く2

涼宮ハルヒシリーズを読んで、グッときたセリフを教えてくださいと呼びかけたところ、さっそくたくさんの投稿をいただきました。まだまだ募集中です。

ハルヒのカケラ
ハルヒのカケラ・・・キターーーーー!!!

速報です!・・・・なんて思わせぶりなこと書いてしまってごめんなさい。 でも ビッ …

長門有希ちゃんの消失
ナタリーさんでも紹介されてるよ

いよいよ春から「長門有希ちゃんの消失ですね」長門有希ちゃんの消失のティザーサイとのことがナタリーさんでも紹介されましたよ

笹の葉ラプソディ
笹の葉ラプソディ

今日は7月7日 七夕です
西宮はとってもいいお天気
この感じだと 天の川も見えそうですね

みなさん、どうもありがとうございました!!!!

10月27日から16日間開いてきました「SOS団in西宮に集合よ!」
いよいよ 最後の時が近づいてきました。
とても名残惜しいのですが、エンドレスには行かないのが現実。
楽しい思い出を心の糧にして、次またみなさんに会える日まで元気に愉快に過ごしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。