SOS団in西宮に集合よ

*

谷川流さんの新作短編「Round-Trip」

      2022/07/29

待ちに待った、谷川流&いとうのいぢコンビの(呼び捨て、すみません)書きおろし作品が発売されましたね。[wp_emoji2 code=”d001″ alt=”晴れ”]

スニーカー文庫25周年アンソロジー
の中の一編ですが、贅沢はいってられません、流分欠乏症の私には、砂漠の一滴。
ぐっと浸み込みましたよ。

谷川流 Round-Trip スニーカー文庫アンソロジー

やっぱ、谷川さん、上手いな。

会議室と職員室の往復だけで 一つのストーリーになってて 大団円というか、うまくおさまるのがすごい。
まわりくどい(いい意味で)言いまわしも、いいね。

村上春樹が高校生活を描いたら、きっとこんな感じ!(多崎つくる にそういう片鱗ありますよね)

西宮流編集室にいる身としては、ついつい、見覚えのある風景描写がないかな って
不純な(?)読み方をしてしまうのだけど、
学校内だけで風景描写がなくても、許す。[wp_emoji2 code=”d272″ alt=”ウッシッシ (顔)”]

許すから、ハルヒ新作・・・・よろしくお願いします。待ってます。

ということで・・・俺の教室にハルヒはいない (角川スニーカー文庫)
もいっしょに購入。
こちらは、これから読んでみます。

帯に書かれたキョンの言葉も良いですね。

 - つれづれ

Comment

  1. lennoi より:

    私も読みました.会話の連鎖の中にリズムよくユーモアが挟まれており,心地よい雰囲気でした.

    設定が少しだけ似てるかな,と思い出したのがマツモトトモの初期短編まんが「ウワサ」ですが,そのヒロインの国宝級ギャップ萌えたるやまさに衝撃でした.(コミックス版「キス」1巻収録とのこと)

    村上春樹の文体はじつは苦手でしたが,長門さんのお導きに従い「羊を..」「ダンス..」「世界の終わり..」を入手し,読んでみたらけっこう面白く,以前にも増し「長門は俺の司書」との意を強くしました.彼女の見ている世界を少しでも垣間見たくて,今日も紙の頁をめくっています.(敬称略)

  2. NA☆GA より:

    ところで、今年もまた「西宮まちきた博」が開催されますねー。そしてまた「SOS団in西宮に集合よ‼」は開催されるのでしょうか?

  関連記事

涼宮ハルヒの陰謀
バレンタインのチョコレート

「ある意味、七月七日より重要な日付だ。一部の学生にとっては。」とキョンがつぶやくバレンタインデー。この時期になると必ず読みたくなるのが「涼宮ハルヒの陰謀」。そこに描かれたチョコをパティシエに再現してもらいました。

笹の葉ラプソディーin西宮
雨上がりの七夕

今夜は天の川諦めてましたが、西宮は雨上がりました。 織姫様と彦星様、デートできそ …

ハルヒ百花
ハルヒ カワユス

ハルヒ百花 ネタばれ解禁日まで、がまん、がまん。
なのですが、西宮流的にはうれしい内容だったよ。「あてずっぽナンバーズ」

ハルヒ検定を受けてみました

2月ももう終わり。明日から3月 弥生ですね。
「2月は逃げる、3月は去る」って、朝礼やホームルームで先生がよく言ってましたよね

ほんとに早いこと!

せめて何か足跡を残さねば・・・って、久しぶりにハルヒ検定を受けてみました。

坂の上から西宮を見下ろす
ジムノペディを聴きながら

暦の上ではディセンバーの3分の1が過ぎました。エリックサティの音楽が胸に沁みる季節です。
うれしいお知らせがあります!「SOS団in西宮に集合よ!」に谷川さんが寄せてくださったメッセージを・・・

西宮北口駅前のマンホール
まだまだ夏休みは終わらない

8月25日はここ西宮でも記録的な大雨が降りました。カエルちゃんの雨水マンホールもがんばったんですけど、各所で冠水しましたね。
雨にもかかわらずハルヒサマーフェス会場に足を運んでくださった皆さん、ありがとうございます。

長門有希ちゃんの消失
長門有希ちゃんの消失 現る

時空改編の今日 長門有希ちゃんに会えました。 噂ばかりが先行して ほんとにアニメ …

SOS団in西宮に集合よ2012
今年も ハルヒサマーフェス開催

昨年の夏開催されて好評だったサブカルチャーのイベントが今年も開催されます。 関西 …

西宮流のマスコット「ぽっつ君」もハルヒが大好き
今夜11時半から「涼宮ハルヒの憂鬱」放送スタート

SOS団in西宮に集合してくださって、ありがとうございます。
今日で10日目。みなさん楽しんでいただいてますでしょうか?
私は毎日楽しくて、楽しくて・・・ハルヒめいてます。そして、なんと、このタイミングに、 「涼宮ハルヒの憂鬱」が放送されるとは!

光陽園学院制服
12月18日の西宮

世界が改変されても、西宮流はきっとそこにある。

そんな気がしています。

このきらめく明かり一つ一つに、この街を愛する人々の日常がある限り。