夏越の祓(なごしのはらえ):廣田神社にて

 夏越の祓とは 一年の折り返しにあたる6月30日に、半年の間に身に溜まった
穢れを落とし、残り半年の息災を祈願する神事です。 
 神社には人の背丈よりも大きな茅の輪が据えられ、参拝者はここをくぐって
厄除けを行います。(茅の輪くぐりと言います)。

 今では 茅の輪くぐりは夏超の祓と同義で呼ばれるほど 定着している風習です。

古来日本では 夏を迎えるこの時期、疫病が流行ることが 多かったため、厄払いと無病息災のため、茅の輪くぐりが執り行われるようになったと考えられています。

今年の異常な夏を無事乗り切るために 神事をブログにアップしました。

 同上
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告