西宮流へ戻る

さくらFM

スポンサーリンク
絵本

「だいぶつさまのうんどうかい」

2月22日(土)にご紹介した、絵本は、苅田澄子文、中川学絵、アリス館発行、「だいぶつさまのうんどうかい」です。 主人公は大仏様。仏様たちがいろんな競技を楽しみますが、大仏様が一番下になった組体操、大仏ピラミッドをゆっくりご覧ください。仏様...
おはなし

2月22日は、岡本かの子作「蔦の門」

2月22日(土)10:30~11:00 放送(78.7MHz)2月23日(日)17:30~18:00 再放送の、おはなしのひとときは、岡本かの子作「蔦の門」です。若くして、 女流歌人でデビュー、仏教家かという顔もあり、昭和14年、49歳...
絵本

「ひょうごで出会う 野鳥」

1月25日にご紹介した、え?本?は、西播愛鳥会編著、神戸新聞総合出版センター発行、「ひょうごで出会う 野鳥」です。 神戸新聞に連載されたコラム「ひょうごの野鳥」をまとめたもので、12月に新しく図書館に入った本です。写真もきれいで、素晴らし...
おはなし

1月25日は「山の雪」の最後です

1月25日(土)10:30~11:00 放送(78.7MHz)1月26日(日)17:30~18:00 再放送の、おはなしのひとときは、高村光太郎作「山の雪」です。みなさんご存知の彫刻家で詩人。戦後、岩手の山の中で一人暮らしをしたころに書...
絵本

「おいせまいり わんころう」

あおきひろえ文、長谷川義史絵、ブロンズ新社発行の絵本。12月は「おいせまいり わんころう」をご紹介しました。 江戸時代のお伊勢参りのお話で、主人の代わりに白い犬がお参りにいくというストーリー。表紙はその犬、わんころう。いろんな苦労もします...
おはなし

12月28日は「山の秋」「山の雪」

おはなしのひとときは、高村光太郎作「山の秋」「山の雪」です。みなさんご存知の彫刻家で詩人。戦後、岩手の山の中で一人暮らしをしたころに書かれた随想を朗読します。前回は、山で採れるキノコの途中でした。今日は毒キノコから。聞いてくださいね。 ...
絵本

「あいうえおの本」

安野光雅作、福音館書店館発行の絵本。10月は「あいうえおの本」をご紹介しました。 表紙は、薬箪笥、そして1ページ目を開くと、小さな引き出しの中に紙で包んだ薬。左のページに字、「あ」から「ん」まで木でできています。右のページは懐かしいものが...
おはなし

10月26日は「山の秋」

おはなしのひとときは、高村光太郎作「山の秋」です。みなさんご存知の彫刻家で詩人。戦後、岩手の山の中で一人暮らしをしたころに書かれた随想の一つを朗読します。聞いてくださいね。 さくらFMなばなネットワーク、10/26(土)10:30か...
絵本

うし

内田麟太郎詩、高畠純絵、アリス館発行の絵本。9月は「うし」をご紹介しました。 表紙にまず一頭、表紙を開いた表題の牛は、後ろ向き。そして1ページ目。青い空、緑の草原に、後ろを振り返ってこちらを見てる牛が一頭。次のページは、後ろを振り向いた牛...
おはなし

9月28日は「触角の世界」

おはなしのひとときは、高村光太郎作「触角の世界」です。皆さんご存知の彫刻家で詩人ですが、彫刻家ならではの随筆をお聞きいただいています。彫刻家にとっては”この世界はすべて触覚だ” ”空はきめがこまかい”の一節が印象深かったのですが、秋...