西宮流へ戻る

絵本

スポンサーリンク
絵本

「とんでもない」

8月22日(土)にご紹介した絵本は、鈴木のりたけ作、アリス館発行、「とんでもない」です。 主人公の僕は、サイがうらやましい。でも、サイはとんでもない!ウサギがうらやましい。クジラ、キリン、鳥、ライオン、ライオンは、ママですが、人間の子供みた...
絵本

「どこいったん」「ちがうねん」

7月25日(土)にご紹介した絵本は、ジョン・クラッセン作、長谷川義史訳、クレヨンハウス発行、「どこいったん」と「ちがうねん」です。 「どこいったん」では、とんがり帽子を探すクマ、ウサギがかぶっていたのに気が付いて取り返します。ウサギはどうな...
絵本

「ラブレターをもらったら」

6月27日(土)にご紹介した絵本は、アニカ・アルダムイ・デニス文、ルーシー・ルース・カミンズ絵、石井睦訳、BL出版発行、「ラブレターをもらったら」です。 ハリネズミ君が拾った手紙は、ラブレター。そのラブレターを読んで、すっかり幸せな気分にな...
絵本

「ともだちは緑のにおい」

5月23日(土)にご紹介した絵本は、工藤直子文、長新太絵、理論社発行、「ともだちは緑のにおい」詩集です。 ライオンとカタツムリとロバの三匹は友達です。太陽が「いっしょに  あそぶもの このゆび とまれ」光のゆびをのばして呼びかけました。まず...
絵本

「てつがくのライオン」

4月25日(土)にご紹介した絵本は、工藤直子文、長新太絵、復刊ドットコム発行、「てつがくのライオン」です。 登場人物は、ライオンとカタツムリ。ライオンは哲学を気に入っていますが、哲学は、肩もこるし、おなかもすきます。カタツムリに会いに行くと...
絵本

「ひょっこりひとつ」「ハートリペアショップ」

3月28日(土)にご紹介した、絵本は、佐々木マキ作、福音館書店発行、「ひょっこりひとつ」と「ハートリペアショップ」の2冊です。 「ひょっこりひとつ」は、絵を見ながら数を覚える絵本ですが、十一まであるんですよ。声に出して読むと、楽しい絵本で...
絵本

「だいぶつさまのうんどうかい」

2月22日(土)にご紹介した、絵本は、苅田澄子文、中川学絵、アリス館発行、「だいぶつさまのうんどうかい」です。 主人公は大仏様。仏様たちがいろんな競技を楽しみますが、大仏様が一番下になった組体操、大仏ピラミッドをゆっくりご覧ください。仏様...
絵本

「ひょうごで出会う 野鳥」

1月25日にご紹介した、え?本?は、西播愛鳥会編著、神戸新聞総合出版センター発行、「ひょうごで出会う 野鳥」です。 神戸新聞に連載されたコラム「ひょうごの野鳥」をまとめたもので、12月に新しく図書館に入った本です。写真もきれいで、素晴らし...
絵本

「おいせまいり わんころう」

あおきひろえ文、長谷川義史絵、ブロンズ新社発行の絵本。12月は「おいせまいり わんころう」をご紹介しました。 江戸時代のお伊勢参りのお話で、主人の代わりに白い犬がお参りにいくというストーリー。表紙はその犬、わんころう。いろんな苦労もします...
絵本

「あいうえおの本」

安野光雅作、福音館書店館発行の絵本。10月は「あいうえおの本」をご紹介しました。 表紙は、薬箪笥、そして1ページ目を開くと、小さな引き出しの中に紙で包んだ薬。左のページに字、「あ」から「ん」まで木でできています。右のページは懐かしいものが...