西宮流へ戻る

1月30日(土)は、壺井栄作「二十四の瞳」

1月30日(土)10:30~11:00 放送(78.7MHz)
1月31日(日)17:30~18:00 再放送の、おはなしのひと時は、壺井栄作「二十四の瞳」の八回目です。前回のお話では、二学期が始まって早々に、大石先生は、浜でけがをし、みんなが心配しています。唱歌の時間が男先生にはつらく、子供たちも楽しくないという日が続きますが、その日は、始業と同時にオルガンの音がぶぶーとなって始まり、黒板には、楽譜と歌詞が書かれています。今回は、その歌詞からです。

舞台は小豆島の分教場、新任の大石先生とその時小学校一年生だった12人の子供たちが主人公です。昭和3年のお話です。

コメント