西宮流へ戻る

「みつけてん」

10月24日(土)にご紹介したのは、ジョンク・ラッセン作、長谷川義史訳、クレヨンハウス発行の「みつけてん」絵本です。

7月にご紹介した「どこいったん」「ちがうねん」と同じ帽子の三作目。前の二作では、ウサギがクマに、小さな魚が大きな魚に食べられてしまいますが、このお話は、はじめはホットする展開で進みますが、二匹の亀に帽子は一つ。独り占めしたい亀と夢で一緒にかぶってるよというもう一匹。あとは絵だけ。休戦状態?解決策は棚上げ?この先はどうなるの?と、ちょっと考えさせられます。

毎月4週目の土曜日放送のなばなネットワークの最後(10:53ごろ~)に、子供たちだけでなく大人も楽しめますよという絵本、時々、え?本をご紹介しています。

コメント