西宮流へ戻る

「どこいったん」「ちがうねん」

7月25日(土)にご紹介した絵本は、ジョン・クラッセン作、長谷川義史訳、クレヨンハウス発行、「どこいったん」と「ちがうねん」です。

「どこいったん」では、とんがり帽子を探すクマ、ウサギがかぶっていたのに気が付いて取り返します。ウサギはどうなったん?

「ちがうねん」では、小さな魚にぴったりの水色の帽子、実は大きな魚からとってきてん。大きな魚が取り返します。小さな魚はどうなったん?

ちょっと怖い?考えさせられます。

毎月4週目の土曜日放送のなばなネットワークの最後(10:53ごろ~)に、子供たちだけでなく大人も楽しめますよという絵本、時々、え?本をご紹介しています。

コメント