西宮流へ戻る

「ラブレターをもらったら」

6月27日(土)にご紹介した絵本は、アニカ・アルダムイ・デニス文、ルーシー・ルース・カミンズ絵、石井睦訳、BL出版発行、「ラブレターをもらったら」です。

ハリネズミ君が拾った手紙は、ラブレター。そのラブレターを読んで、すっかり幸せな気分になって、ルンルン。でも、仲良しのウサギちゃん、リスさんとハリネズミ君の三匹は、そのラブレターが原因で喧嘩をしてしまいます。そこへ登場するのがネズミさん。その手紙は、ネズミさんがお月様に書いたラブレターだったのです。

あたたかな幸せな気持ちを思い出させてくれます。落ち込んだり、疲れたり、ストレスいっぱいだったり、大人には、いろんなしんどいことがありますよね。そんな時には、ぜひどうぞ。もちろん、子供たちも読んでくださいね。

毎月4週目の土曜日放送のなばなネットワークの最後(10:53ごろ~)に、子供たちだけでなく大人も楽しめますよという絵本、時々、え?本をご紹介しています。

コメント