西宮流へ戻る

「おいせまいり わんころう」

あおきひろえ文、長谷川義史絵、ブロンズ新社発行の絵本。12月は「おいせまいり わんころう」をご紹介しました。

江戸時代のお伊勢参りのお話で、主人の代わりに白い犬がお参りにいくというストーリー。表紙はその犬、わんころう。いろんな苦労もしますが、たくさんの人に助けられ、人助けもします。大阪弁で書かれていて、玉造から出発して、帰りは船で天保山に着きます。

絵本を読みながら、どこまで行ったか、ネットで検索しながらというのはいかが?

毎月4週目の最後に子供たちでけでなく大人も楽しめますよという絵本、時々、え?本をご紹介しています。

コメント