西宮流へ戻る

8月24日は「自作肖像漫談」と「触角の世界」

夙川のカワセミ

おはなしのひとときは、高村光太郎作「自作肖像漫談」そして「触角の世界」のはじめの部分です。皆さんご存知の彫刻家で詩人ですが、彫刻家ならではの随筆をお聞きいただいています。「自作肖像漫談」は今回で最後、肖像を作りたくて作り得なかった人のこと。「触角の世界」では五官の境界がはっきりしないという彫刻家の感性。さくらFMなばなネットワーク、8/24(土)10:30からです。お楽しみに。

夙川のカワセミ

夙川沿いの散歩の途中で見つけました。獲物を捕らえた時、きれいな青い羽根が輝きました。

コメント