西宮流へ戻る

めしくわぬにょうぼう

常光徹文、飯野和好絵、童心社発行の絵本。7月は「めしくわぬにょうぼう」をご紹介しました。このお話は昔話の「食わずにょうぼう」というお話で、ケチな男とご飯を食べない女が主人公のちょっと怖~いお話です。

飯を食べない女を嫁に迎えますが、何も食べないなんて、変ですよね。おかしいと思って隠れてみると、やっぱり留守の間に食べてます。それも頭に口!男は出て行けと言いますが、気づかれたと思った女は、その男を桶に入れて担いでいきます。さあ、男は怖い~逃げ出したい・・・。逃げる男と追いかける女。しとやかだった女は怖いやまんばお顔になって追いかけます。

夏休みに怖いお話はいかがですか?

四週目の最後に子供たちでけでなく大人も楽しめますよという絵本、時々はえ?本をご紹介しています。

コメント