西宮流へ戻る

たいせつなもの

なばなネットワーク4週目の番組の最後に、子供たちだけでなくみんなが楽しめる、もちろん大人もね、そんな絵本を紹介しています。5月には、フレーベル館発行、マーガレット・ワイズブラウン作、レナード・ワイスガード絵、内田也哉子訳、「たいせつなこと」をご紹介しました。

絵本の中で、それぞれの大切なことが詩のような文章でつづられるます。コオロギ、スプーン、ひなぎく、とたくさん続きますが、作者からのメッセージは最後のページです。それは「あなたがあなたでいること」です。読んでみてくださいね。

6月22日にご紹介する絵本、目下思案中です。お楽しみに!

コメント