西宮流へ戻る

石たちの声が聞こえる

4週目の番組の最後に、子供たちだけでなくみんなが楽しめる絵本を紹介しています。お聞きの皆さんにこんなお話いかがですか?という今月の絵本は、新日本出版社発行、マーグリート・ルアーズ作、ニザール・アリー・バドル絵、前田君江訳「石たちの声が聞こえる」です。絵は、石でできています。小さな石を集めて、それを並べてほとんどが人の形に作られていて、その声がきこえるんですね。避難民家族の旅、作者の家族が体験したことが書かれています。

 

 

 

コメント