なばなネットワーク

今日は絵本にしてみませんか?

子供たちだけでなくみんなが楽しめる絵本。お聞きの皆さんにこんなお話いかがですか?という絵本を、番組の中でご紹介しています。

8月の絵本は、国書刊行会発行、泉鏡花文、中川学絵「絵本化鳥」です。

泉鏡花の「化鳥」という作品を絵本仕立てにしてあります。横長のB5サイズで見開き一杯に絵があってそこに文章が書かれています。絵を描かれている中川学(がく)さんは、浄土宗の僧侶で、イラストレーター。ポップですがとても日本的なイラストが、泉鏡花の世界観を美しく見せているんですね。ちょっと素敵なコラボな作品です

橋の渡し賃で生計を立てている美しい母と、息子、廉の話ですが、橋を渡る人たち、学校の友達や先生も人ならぬものに見えるという、ちょっとホラーな小説ですが、イラストが助けになって、その不可思議な世界もわかった気持ちになるんです。廉が川で溺れますが、助けたのは、「大きな五色の羽があって天上に遊んでいるうつくしいねえさん」と、母親が教えます。だれでしょうか?その絵をぜひご覧いただきたいのです。そして、その廉はだれ?幻想的といわれる独特の世界をイラストと一緒に楽しんでみてください。最後に原文も添えられています。

 

 

西宮市立図書館にありますので、ぜひどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事