甲子園球場と風

甲子園球場で良くいわれるのが風の影響。

阪神タイガースの応援歌にもなっている「六甲おろし」は、甲子園の北東側に聳える六甲山脈から吹き下ろしてくる風のことで、また「浜風」は球場の南、浜甲子園の海岸から吹いてくる風のことです。

甲子園球場に来られた方で「海を見た」という人はあまり居ないと思いますが、実は結構海に近い場所なんです。

阪神間に残されたほぼ最後の砂浜で、昭和40年頃までは海水浴場として賑わっていました。戦前はここに阪神パークがあり、いまもその遺構のコンクリートが残されています。ぜひ一度お訪ねください。

著者 : 編集部|J

投稿日時 : 2018-06-27 11:04:55

更新日時 : 2018-07-04 18:55:07

もっと知りたい!甲子園」カテゴリの他の記事はこちら

甲子園球場がある街、西宮

阪神甲子園球場は、兵庫県西宮市にあります。聖地と言われる甲子園球場がすぐそばにある、[...]