なつかしの甲子園球場界隈

大正13年に完成した阪神甲子園球場は、阪神タイガースの本拠地であると共に、高校球児の憧れの聖地でもある。
そんな阪神甲子園球場が目の前にある阪神甲子園駅を中心にした地域は、かつては森重久弥氏や佐藤愛子氏、その父の佐藤紅緑氏など多くの文化人が住んだことでも知られている。
今、また大改修が行われようとしている阪神甲子園駅の界隈の昔の写真を西宮市情報公開課よりご提供いただいた。

★昭和37年の国道43号線・・・左に阪神甲子園球場があり、手前の方は自動車が走っていますが向こうの方は未舗装のように見える。国道の右側には、甲陽学院の校舎も。
昭和37年


★昭和44年、阪神甲子園球場への入り口付近。昭和44年


★昭和49年の阪神甲子園球場への入り口付近。(写真をクリックしていただくと大きくなります)浜甲子園までの路面の甲子園線の線路も見える。
昭和49年 昭和49年 昭和49年 昭和49年


★同じく49年だが、別の角度から見た写真。かつて川だった甲子園筋、その川の名残を示す松の木も多い。
昭和49年 昭和49年 昭和49年


★撮影年代は定かでないが、1934年の第20回全国中等学校優勝野球大会を記念して建てられた初代の野球塔。(現在の甲子園警察署の辺りに建っていたが、第二次世界大戦の空襲で崩壊)
1958年には第30回選抜高等学校野球大会を記念して「選抜高校野球塔」が建てられたが、老朽化により撤去され、リニューアルとともに高校野球記念塔として新しい野球塔が完成した。
野球塔野球塔



★阪神甲子園球場は古くからいろいろなイベントが行われた。年代は不詳だが飛行機ショーの時の絵はがき。よく見ると本当にたくさんの見物人がみえる。
甲子園球場での飛行機ショー


★これも年代不詳だが、まだ球場ができて間がない頃の球場か??年代不詳だが、まだ球場ができて間がない頃の球場か



★昭和40年頃の甲子園球場付近の航空写真
昭和40年頃の甲子園球場付近の航空写真


写真を提供いただいた「西宮市情報公開課」には懐かしい西宮の写真がいっぱい。
情報公開課WEB写真館