西宮流(にしのみやスタイル)
Who's Who -- 西宮で出会える素敵な人たち

西宮流 > Who’s Who > フリーアナウンサー 山村 雅代 さん

初めてのプロデュース事業は講談とハープで描く「“桜男”笹部新太郎の心」 フリーアナウンサー 山村 雅代さん

フリーアナウンサー 山村 雅代さん
FM三重に局アナとして入社し、ワイド番組など数多くの番組を担当。
結婚を機に、関西に拠点を移しフリーアナウンサーとして活動。
MBS(毎日放送)TV、ABC(朝日放送)ラジオ、FM京都、サンTVなど、テレビやラジオに出演のかたわらイベントや結婚式の司会、ナレーション、MCなどタレントとしても活躍。
昨年8月事務所を退社し、現在に至る。

「何かしたい!!何かしなければ!!・・・心の中のモヤモヤを抱えていた時「今だッ!!」と言う天の声を聞き、所属事務所から飛び出しフリーになったのが昨年の8月。
大きな転機を迎えた一人の女性がいた。
時を同じくしてそんな山村雅代さんの目に飛び込んできたのが、市政ニュースで募集していた「西宮虹舞台」という市民プロデュース事業。
資金援助もあって、文化活動に携わる人材を育成していただけるんだ!!

天性の「やってみよう!精神」に火がついた
なんと、書類審査やプレゼンテーションなどの関門をくぐり抜けて今年度の2作品に選ばれた。
そのイベントが、いよいよ
3月7日(土)14:00
  プレラホールで幕が開こうとしている。演目は「“桜男”笹部新太郎の心」
水上勉の小説「櫻守」のモデルともなった
笹部新太郎翁の一生
を、
若き女流講談師の熱い語りと映像、ハープの演奏によって描き出
そうと言う内容。今まさに、チケットの手売りやPR活動にと東奔西走している。

掲載日:2009年2月17日

Copyright(C) 西宮市ポータルサイト『西宮流』 All rights reserved