西宮流(にしのみやスタイル)
Who's Who -- 西宮で出会える素敵な人たち

西宮流 > Who’s Who > 武庫川女子大学准教授・工学博士 三宅正弘さん

人の意識でまちは変わる  武庫川女子大学准教授・工学博士 三宅正弘さん

武庫川女子大学生活環境学部の准教授で、まちづくりや地域デザインを研究する三宅正弘先生。机の引出しの中にころがる六甲山の石をはじめ、たくさんの“宝物”に囲まれた研究室で、西宮の古い地図を見せていただきながら、人とまちの関わりなどについて楽しくお話を伺った。


武庫川女子大学准教授・工学博士 三宅正弘さん
1969年、芦屋市生まれ。

関西大学卒業、京都大学大学院修士課程修了、大阪大学大学院博士課程修了。工学博士。
現在、武庫川女子大学生活環境学部・准教授。
兵庫県庁「阪神南地域ビジョン委員会専門委員」など、多くの公職も。

著書の紹介・・・⇒

まちづくりにはテーマが重要

三宅先生の何冊かの著書のタイトルに見られるのは、「お好み焼き」や「石」という私たちにとても身近なものである。
また編集部が初めて三宅先生にお会いしたのは、西宮での「ケーキ」についての講演会だった。
まちづくりや地域デザインが専門と聞くのに、なぜケーキなのだろう。
「ケーキ屋さんというのは西宮のどこの住宅地にもあって、ケーキの話をすると、西宮の人たちは“わがまち自慢”に変わるんです。ケーキ屋さんが、自分のまちを意識するきっかけになっている。

そういう身近な題材からまちづくりを考えていく
のが、僕の基本的なスタンスです」
とかく「地域のまちづくりを考えよう」とか「地域の環境を考えよう」という話になると、苦情が出たり要望が出てきたりする。「でも、
思わず笑顔になったり、人への感謝の気持ちが口から出る
というようなテーマが、それぞれの地域にあるんです」
そのように地域のことを考えるきっかけになるものを、三宅先生は“宝物”と呼んでいる。宝物はどの地域にも必ずあるが、そんなに多くはない。
宝探しのための資料がいっぱいつまった先生の研究室

宝探しのための資料がいっぱいつまった先生の研究室

「誰かの自慢で終わるようなものではだめなんです。
皆が共有できるもの
でないと…」3年前に武庫川女子大学に来てから、大学のある鳴尾で、三宅先生は“宝探し”を始めた。
「地元の人とひたすら会話をしていると、話がはずまないものと、自然と話がはずむものとがあるんですよ。常に会話と観察です」そして見つけたのが、苺である。

    著書に、
  • 『石の街並みと地域デザイン―地域資源の大発見』(学芸出版社)
  • 『神戸とお好み焼き―まちづくりと比較都市論の視点から』(神戸新聞総合出版センター)
  • 『遊山箱 節句の弁当箱』(徳島新聞社)などがある。
掲載日:2008年9月15日

Copyright(C) 西宮市ポータルサイト『西宮流』 All rights reserved