西宮流(にしのみやスタイル)
Who's Who -- 西宮で出会える素敵な人たち

西宮流 > Who’s Who > ステージメソッド塾代表 西角けい子さん

母親が、わが子を思う愛情は、とてつもなく大きい・・・自分のママヂカラを信じてください ステージメソッド塾代表 西角けい子さん

日本有数の激戦地といわれる西宮北口エリアで、独自の公立中高一貫校対策のカリキュラムで、飛びぬけた合格実績を出している西角けい子さんにお話しを伺った。
思ってもいなかった話の展開、しかし改めて母親の力の大きさを知ることになった。


ステージメソッド塾代表 西角けい子さん










ステージメソッド塾代表
西角けい子さん

『自信喪失』と『絶望感』で大きくつまずいた中学生時代でした

「父の人生は、
まるでジェットコースターのよう
でした。」お父さんの話から始まった。
「普段から仁王像のような表情で、近寄りがたい雰囲気の人で、仕事には非常に厳しかったです。きっと自分が厳しい家庭環境で育ったからでしょう。」
反対に
お母さんは、お嬢様育ちで美しく優しい人
だったという。「戦前は、今で言う“セレブ”でしょうね。いつも背筋をピンと伸ばし、凛とした人でした。人の言うことを鵜呑みにしてしまう、世間のことには疎い人でもありました。」

思わぬ展開で始まった取材は、そのままご本人の生い立ちへと進んでいった。
「母は教育熱心な人で、小学校3年の時から、近所の児童英会話の塾に通いました。当時としては本当に珍しかったと思います。
日本語もまともに喋れんのに英語??…って
よく周りから笑われた時代でしたから。初めてのレッスンの日に『あなたの発音は、とても美しいですね。日本人には珍しい・・・』と、褒めていただいたのがきっかけで、すっかりその気になりました(笑)」
英語の授業を楽しみに中学に入学した西角さん。
しかし、そこで出会ったのは“いわゆる日本語英語”「これは英語じゃない!! と思いました。

甲子園の教室の前は、大きな並木のある道

甲子園の教室の前は、大きな並木のある道

先生の発音の真似はしないでおこうと決めたんです
今、思えば、先生には嫌な生徒だったかもしれないですね(笑)」
人生とは皮肉なものだ。たくさんの授業のある中学で、
大好きだったはずの教科での出会いが、人生の大きな落とし穴に
なることになった。
「ある日英語の授業後、職員室に呼ばれました。とにかくその時の出来事はショックでしたね。『私は、ただ英語が好きなだけなのに…中学の先生って、みんなこうなんだ・・・』と思い込んで絶望しました。」と振り返る。
この事件がきっかけで、仲がよかった友達もいつの間にか一線を引くようになった。
その後は心を閉ざし、すべてを悪いほうに考えるようになっていったという。
いわゆる登校拒否状態になった西角さんにとって、中学校の思い出というと
浮かんでくるのが『教室の敷居』
らしい。「この敷居をまたぐと、また、ひとりぼっち。また、いやな目に合う…って考えると怖かったですね。」きっと、ただただ下を見ながら、必死の思いでその敷居を超えるかどうか、大きい葛藤があったのだろう。
    ステージメソッド塾
  • 甲子園本部教室
     [住所] 兵庫県西宮市甲子園三保町5-15ユーセービル202
  • 西宮北口教室
     [住所] 兵庫県西宮市甲風園1丁目8-113 エビータの森5階
  • [お問合わせ] FAXでお願いします (FAX)0798-40-2899
掲載日:2008年8月12日

Copyright(C) 西宮市ポータルサイト『西宮流』 All rights reserved