西宮流(にしのみやスタイル)
Who's Who -- 西宮で出会える素敵な人たち

西宮流 > Who’s Who > 観世流 能楽師・シテ方 上田拓司さん

夙川の舞台で、伝統芸能 能の魅力を伝える  観世流 能楽師・シテ方 上田拓司さん

地域が能楽堂に集う

自宅舞台・瓦照苑にて地元の子どもたちを招いて

自宅舞台・瓦照苑にて地元の子どもたちを招いて

自宅舞台・瓦照苑にて地元の子どもたちを招いて

「瓦照苑」、神戸市長田区の「上田能楽堂」を中心に、演能、講演で全国を駆け回る上田さん。仕舞や謡のお稽古場も、精力的に提供している。
プライベートレッスン、入門教室、一日体験教室、親子体験など、幼稚園児から90歳以上の方までが参加している幅広さ。年に一度のレッスン生発表の場では、プロに囲まれて演じる機会も。緊張の中、泣き笑いしながら能舞台の感動を味わうという。

本格的な能の舞台というよりも、稽古場、教室などとしても活用できるよう、つくられた「瓦照苑」。地域の小中学生を招いての交流も多い。
 「小さな子どもたちには、息の吸い方、呼吸法を練習して声を出したり、曲のストーリーを元に人間の善悪や幸せについて話をします。般若の面を傾けてみせると、泣いているように見える。このように、物事の片側だけ見て判断するのではなく、同情の心や慈悲の心を育んでほしいというメッセージを伝えていきたいと思っています。

子どもたちは、目を光らせてキラキラとした表情で、話を聞いてくれます。また、一年ごとに交流の機会を持つ子どもたちには、メッセージの受け取り方など、成長にいつも感心させられます。」

炎の明かりで幽玄さが増す、夏の夜にぴったりのイベント!
 西宮薪能
   ■ 9月21日18:30~
   ■ 於、越木岩神社
   ■ 入場無料
     毎年、この日に行われます。詳しくはホームページで ⇒


掲載日:2007年8月9日

Copyright(C) 西宮市ポータルサイト『西宮流』 All rights reserved