西宮流(にしのみやスタイル)
Who's Who -- 西宮で出会える素敵な人たち

西宮流 > Who’s Who > 谷崎文学の語り部 たつみ都志 さん

谷崎潤一郎が好んで住んだ阪神間ゆかりの建物を守ることも文学者の役目です。 谷崎文学の語り部 たつみ都志さん

『谷崎文学の語り部』と言われる女性が西宮にいる。武庫川女子大学文学部教授のたつみ都志さん。NPO法人谷崎文学友の会を立ち上げ理事長も務めている。現在、谷崎潤一郎が自らデザインし震災で全壊した家を鎖瀾閣(さらんかく)と名づけ復元運動を展開中。西宮ともかかわりの深い谷崎についてお話を伺った。


谷崎文学の語り部 たつみ都志さん



【プロフィール】
 武庫川女子大学文学部日本語日本文学科教授。
 NPO法人 谷崎文学友の会理事長、芦屋市谷崎潤一郎記念館 副館長
関西学院大学大学院博士課程修了。
二男一女の母。
映画鑑賞・旅行・陶芸が趣味

「私が谷崎潤一郎と出会ったのは遅いんですよ。大学の卒論は三島由紀夫のつもりだったんですが、ちょうどあの割腹自殺事件がありまして・・・。
もう、頭が真っ白になってパニックになりましたね~。
 ですから卒論は自然主義の島崎藤村で書きました。
修士論文は田山花袋でしてね、谷崎潤一郎と出あったのは、実に大学院のドクターコースのときだったんですよ。遅いでしょ??」
 テンポのいいお話が始まった。場所は、武庫川女子大学の13階のラウンジ。ここにたつみさんの研究室がある。何十年ぶりの学生気分を味わい、メモをとる手が軽やかな気がする。

 「実は、私にはトラウマがありまして・・・。10歳のときに『鍵』を手に取る出来事があったんですよ。全く理解できず、1ページ読んでやめました。
だって、10歳の子に56歳の性的不能の男の話はわかりませんよ(笑)。
以来谷崎には拒絶反応だったんですが、大学院のときに『痴人の愛』が演習で取り上げられ、やむを得ず読みました。当時私は主人公のナオミと同世代。
しかも男性が女性にひれ伏す、こんな気持ちのいい小説はないです(笑)
そこからは、一気に谷崎に惹かれていきましたね。」次々繰り出されるお話を聞いていると、旧仮名づかいの文学が、すぐ今のことように思えてくる。


掲載日:2007年07月06日

Copyright(C) 西宮市ポータルサイト『西宮流』 All rights reserved