応募者殺到の人気イベント「西宮洋菓子園遊会」
 西宮流トップページ
西宮流 > 西宮洋菓子園遊会 > リハーサルの様子

第11回西宮洋菓子園遊会

西宮洋菓子園遊会のリハーサルの様子

参加者が各店の洋菓子を自由に取りに行くバイキングスタイルだった昨年までと違って、今年はフルコースの料理のようにメニューに添って次々とスイーツがサーブされるスタイルに変わった。
リハーサルの様子
 一つの洋菓子店が自分の店でこのようなスタイルでしている所はあっても、たくさんの洋菓子店が集まって会場のホテルでイベントとして実施しているところはないだろう。

リハーサルの様子  このイベントの為に、フルコースのメニューを決めたり、順番を決めたりと半年がかりで準備を進めてきたが、本番まで迫ったある日、会場のノボテル甲子園でリハーサルが行われた。

リハーサルの様子  この日のリハーサルには各メディアなど10人がお客様となった。

当日使用するお皿も含めて本番同様の動きを最終確認する作業は、生菓子を提供する8店舗のシェフや関係者が見守る中、ツマガリ社長の陣頭指揮で進んでいった。

「とにかくお客様に喜んでもらうことが一番だから、今日のリハーサルより当日はさらに工夫して、より良いものを目指していこう。」ツマガリ社長の言葉が参加するすべてのシェフの気持ちを代弁していた。


リハーサルの様子 オードブルからプティフールまで順番に出てくる中で、時々関係者の中から驚きの声が上がるものもある。

そのどよめきからは最後の試作の段階より、さらにまた進化してきているのが感じられる。

この後さらに、当日までにどんな変化があるのだろう??

リハーサルの様子 お皿への飾り付けも含めて一つの作品となる9皿のスイーツは、ファインダーを通して眺めているだけでも幸せな気持ちになった。

バックヤードでは、これまでの西宮洋菓子園遊会の歴史の中で出来上がったシェフ同士の交流も見られ、和気藹々の中作業が進んでいった。


(注) このページの写真はリハーサルの時に出てきたスイーツたちです。 本番のスイーツは「スイーツのご紹介」のページでご確認ください。


掲載日:2010年11月01日

このサイトについてトップ 旬の西宮彩色 -iroiro-西宮ナビにしのみ屋コミュニティリンク集
使い方・Q&A募集携帯サイトについて利用規約会員規約プライバシーポリシーお問い合わせサイトマップ