西宮流
編集室からお届けします

おばあちゃんが元気でいられるように!!整体 翠月

今年93歳になる旦子(あきこ)おばあちゃん。
80才での骨折で人工関節を入れなければならなくなり、その後どんどん体力が衰えて来たことを心配し、孫の柳沢篤さんが一念発起して35才で整体師の資格を取った。そして念願の整体のお店「翠月」を昨年開いた。
DSCN02512
「僕は医者ではないので治すことは出来ませんが、体がほぐれて楽になることで心も楽になってもらえたらいいなと思っています。15分コースからありますが、僕は必ず全身をさせていただきます。そうすることで血液の循環がよくなるからです。」
人工関節の寿命は約10年。本当ならそろそろ取り替えなければならないが、おばあちゃんの場合、年齢のことや他の病気のこともあり再手術はできない。
当然 人工関節の周りの筋肉の衰えなどもあって痛みは年々ひどくなる。
そんな痛みと戦うおばあちゃんをなんとか現状維持させてあげたいと飛び込んだ整体師への道。

「お年寄りが増えて行く世の中ですが、今の健康を少しで維持できるように!ちょっとでもつらいことが少なくなって楽になってもらえたらいいなと思っています。整体のコースは15分から15分刻みです。長い人は90分してますよ。
整体だけでなくラベンダーのアロマオイルを使ったリラクゼーションもやってますので、ご自身の気になるところ、痛いところを遠慮なくおっしゃって下さいね。」

場所は兵庫医大の少し南、武庫川女子大の東。お母さんがされている喫茶「翠月」とは隣同士。喫茶「翠月」のお勧めは、特性の薬膳カレー。
喫茶の店主のお母さん自身が体調不良だった頃お世話になって先生の秘伝の組み合わせの薬膳カレーが最近の人気。一人ひとり辛さも聞きながら調節し小鍋で出てくるカレーはリピーターも多い。

「痛いとか、こそばゆいとか、ゆるいとか・・・こういうのは全てストレスになるんです。ですから問診にも充分時間をかけて、その人その人にあった施術をさせていただきます。」

整体「翠月」
住所:西宮市池開町8−15
電話:0798-41-1060
時間:9:00〜19:00
定休日:月曜日
ホームページ:http://www.eonet.ne.jp/~suigetu/index.html

 

 

Comments are closed.