西宮流
編集室からお届けします

中学生限定ジョブ・フェア開催 in キッザニア甲子園

子どもが主役のキッザニア。
通常でも、3歳〜15歳までが楽しめる様に各企業のアクティビティが用意されているが
今回初めての企画として試験的に中学生限定の『ジュニアキャンパス・ナイト』が開催された。
キッザニア甲子園  キッザニア甲子園 キッザニア甲子園

ホームページなどを通して申し込んだ中学生約600人が 、その日の中学生版のジョブ・フェアを体験した。当日は、あらかじめ記入して来た「自分理解シート」をもとに発見した自分の得意・不得意なども考えながら思い思いに職業を選んで体験していた。

通常のキッザニアと大きく違う点の一つは、実際の企業で働く人たちが対応する商社/通信/医療など職種別に作られた相談コーナーが作られ、生徒達は自分の興味ある職種について話を聴いている姿もあった。

「早い時期からそれぞれの将来の職業について、少しでも考えるきっかけになって欲しい。」とキッザニアスタッフ。これからも定期的にこのような機会を作っていきたいと言う。この日、京阪神から来場した中学生達は、仲間同士で思い思いに職業を選んでいたが、食べ物を作るアクティビティに人気があるのはやはり年齢には関係ないようだ。早々と『今日の受付は終了いたしました』 という札が下がっているところもあった。

キッザニア甲子園 キッザニア甲子園

「将来、医療関係にいきたいと思っているので、そこは一番に押さえました。」
「普段はできない事を・・・とビルクライミングを体験します。」
「建設現場に行って来ました。ちょっと自分の将来も考えて選びました。」
「中学生になったらこれまでのように来れないから、今日はキッゾを使い切ります。」
「これまで何度か来たけど、カメラマンが一番好き!!でも将来目指してるわけではないですよ〜〜(笑」

「中学生になると照れて、質問は少なくなりますね。」と 見守るスタッフ。それでも、次のアクティビティを探す中学生がサポートスタッフからもらったアドバイスで次の場所へと散っていく。この日は、15カ所で英語でのアクティビティをこなすところもあり、真剣に耳を傾けている姿もあった。

次々、新しいプログラムを提供しているキッザニア甲子園。
体験する側の 姿勢一つで、同じアクティビティでも受け取るものが違いそう。年齢とともに利用方法も変わって楽しめるのだろう。

 

Comments are closed.