西宮流
編集室からお届けします

西宮農業祭に行ってきました

新鮮な野菜が格安で買えて、お米の無料配布もあるということで、
雨にもかかわらず早い時間からずらりと行列ができていました。
毎年楽しみにしている人も多い西宮農業祭。
市役所前線をたまたま通りかかって行列に加わる人も。
「西宮って都会なのに農業?」という人に、「おいしいんやで」と説明してくれる人もいたりして、雨中の行列なのになごやかムード。

六湛寺公園から市役所東館への通路に屋根があってほんとによかったですね。

公園には10数台のトラックが並んでおり荷台にはおそろいの青いはっぴを着た人達が野菜かごを並べてスタンバイ。
そのほかにもたくさんの青はっぴさんが、一人ずつお米を手渡したり開場の準備をしたりときびきび働いておられました。

さて、開場。
すごい!デパートのバーゲンみたい。
あっというまに売れていく野菜たち。
荷台から直接販売するという野趣あふれる光景、いいですねえ。新鮮!って感じ。

少し離れたところでは、戦利品を見せ合うおばさまたちの姿も。
「え、それどこで売ってたん?」
「あんた大根買うてへんのん?」
とうれしそう。「楽しかったわ」と、カメラを向けた私にも笑顔で話してくれました。

試食コーナーでは米粉のうどんとねぎ餃子。
西宮のおねぎがたっぷりの餃子、おいしかった。

かろうじて、米粉のうどんをゲット。
餃子は今度、「彩菜やまぐち」まで買いに行くとするか。
(もっと近くでも買えるといいのにね)

ふと気付くと、次の花苗配布にも行列が。
先ほどの陽気な女性たちは、おしゃべりしていて並びそびれ。
行列の100人目に間に合わず残念がっておられました。
ところで・・・大発見。
このはっぴの青色って・・・・あの、まちたび博のみやたん色?

思わず「よ!みやたん」って掛け声かけそうになりました。

 

Comments are closed.