西宮流 初めての方へ 会員登録について 掲載について サイトマップ 西宮流とは
キッザニア甲子園が西宮にやってきた
西宮流 > キッザニア甲子園
キッザニア甲子園が西宮にやってきた!
一足お先に…「キッザニア甲子園」こどもの国のキッザニアは、思わず大人も参加したくなる場所
キッザニア甲子園 空港カウンター

オープンまで二週間と迫ったキッザニアでは、機材の据付や、什器や商品の搬入、各パビリオンでのスタッフ研修など最後の仕上げで大忙し。
ららぽーとの一階からエスカレーターで上がるようになっている。
下からはガラス越しに飛行機の機首の部分が見えて、わくわく感が高まる。


エスカレーターで上がったところは、飛行機の搭乗口のカウンター。
ここがキッザニアの入り口。
「キッザニアでは、どこの国でも入り口が空港になっているんです。つまり、ここはキッザニア国への入り口なんです。」広報の小西さんが付きっ切りで説明してくださった。

キッザニアの中は、2/3サイズのこどもの国の街並み。
しかし入り口のカウンターはまだ通常サイズ。
ここでシティマップと50キッゾのトラベラーズチェックをもらって、キッザニア国へ入国すると、夕焼け空の街並みが広がっている。


「キッザニアでの挨拶は、いつも『こんばんは』なんですよ。ここは、こどもが大人になれる場所なんです。」 普通なら、暗くなったから帰っておいで…と言われる時間帯に設定してあるのだとか。
こんな細かい所から、きちんとストーリーが出来ている。
こういうこだわりが、とびっきりの楽しさに繋がっているのだろう。


キッザニア甲子園 街並み キッザニアに入った広場のまん前には「お仕事ガイド」のスペースが。
「もう、どこに行こうかとはっきり目的を持っているこどもさんもおられますが、ここでお仕事やアクティビティを探してもらえます。」

街中の道を歩くのは保護者も自由に歩けるが、その道に面した建物の中はこどもだけの世界。



百貨店・ショッピングセンターもあり、そこでは自由に買い物もできる。勿論支払いは、キッゾ。ただし、保護者は建物の中には入れない。

「お国柄なんでしょうね。キッザニアの生まれたメキシコでは、キッゾを手にしたこども達は真っ先に買い物をしますが、日本のこども達は、まず仕事をしてキッゾをためる傾向にありますね。『ここはお金を払ってするアクティビティなんですよ。』と説明すると、『じゃぁ、後にする!!』ってね(笑)」


キッザニア甲子園 街並み
お仕事やアクティビティは大体30分前後。
そこで仕事をすると5キッゾから8キッゾのお金がもらえる。
勿論、銀行もあるので預金したりキャッシュカードが作れたりする。
カウンターの向こうの銀行員もこども達。まさに、こどもの国だ。




キッザニアは、好きな職業や役割になりきって、自由にロールプレイングを楽しむことが出来る場

自分の好きな職業や参加型の「社会体験」によって、こども達はチームワークやコミュニケーションの大切さ、自分の個性をアピールすると同時に他人の個性を尊重する難しさ、また自分の行動と責任についてなど、学校や家庭とは違う環境で学べる。

最新のセキュリティシステムで、こども達の安全を確保されており、こどもたちが遊んでいる間、大人専用の保護者ラウンジでくつろぐこともできる。
もちろんパビリオンの外で見守ることも可能。

キッザニア甲子園 パビリオン&アクティビティ 街の中は二階建てになっていて、50以上のパビリオンに80以上のアクティビティがあるという。

飛行機の中ではパイロットやキャビンアテンダントの体験ができ、消防署や警察署、建設現場、ベーカリー、おすし屋さん、ホテルに病院、歯科医院や散髪屋、印刷所に劇場、自動車工場、建設現場、運転免許試験場にレンタカーやガソリンスタンド、新聞社やラジオ局、証券会社や裁判所…本当にお見事!!と言うほかない。


唯一、大人が建物の中に入れるのが劇場。
ここでは、ファッションショーのモデルやマジシャンになった我が子の写真を撮る保護者に人気と言う。

停電の現場に駆けつけたり、街で急病の人(実は人形)を助ける救急車、火事現場に出動する消防車などはスーパーバイザーが運転するが、現場での作業はみなこども達。

運転免許証を発行してもらってレンタカーに乗れるのは指定のエリアだけ。レンタカーを乗ったらガソリンは満タン返し。そのガソリンスタンドも、勿論それぞれがこどもたち。


キッザニア甲子園 保護者用ラウンジ 声優になったり、印刷会社で製本したり、新聞記者になったり・・・とDVDや本、新聞など自分の作品が持ち帰る事ができる所もある。

科学研究所では顕微鏡で菌の種類を見つけたり、マヨネーズやハイチュウを作ったり、ネイルアートやメイキャップなど、本当に大人でもやってみたくなるメニューが揃っている。
本物そっくりなユニフォームに身を包んで、大人になりきっての仕事体験は、楽しみながら社会の仕組みも勉強できる場ともなっている。


取材中、ふと楽しそうな音楽が流れてきた。途端に忙しくされていたスタッフの方達が通路へ出てきてダンスを始めた。
これは一日二回の入場時間にこども達をお出迎えするセレモニーだそう。 皆さんの楽しそうに踊っている姿を見ているだけでワクワクした。

3歳から中学生までが対象の施設。
年齢によって仕事の内容や難易度などが違うだろうし、興味の対象も変わってくるのだろうが、お母さんが恋しくて泣き出す子の応対もあるというからスーパーバイザーも大変だろう。


付き添いの保護者は、街角のカフェでお茶を飲んだり、こども達の様子を外から見ていたりも出来るが、大人だけが入れる静かなラウンジも、一角にきちんと用意されていた。
3歳未満のこども向けにゆっくり遊べるコーナーもあり、授乳室やおむつ交換代も完備。赤ちゃんがいるママでも安心だ。


キッザニア甲子園の詳細はこちら www.kidzania.jp/koshien




この記事のご感想やキッザニア甲子園の口コミをお寄せください

キッザニア甲子園の公式サイトのアクセスページに


のぞいてみよう♪
キッザニア甲子園


このサイトについてトップ 旬の西宮彩色 -iroiro-西宮ナビにしのみ屋コミュニティリンク集
使い方・Q&A募集携帯サイトについて利用規約会員規約プライバシーポリシーお問い合わせサイトマップ