カテゴリー 宮水

酒林

蔵開き

日本酒造りの本番は「冬」 今では、温度調節の出来る工場で酒造りもできるが、元々は冬の寒い時期に丹波から杜氏が来て酒造りが行われてきた。
Read More
板石道

板石道

江戸時代、水屋は水の入った樽を大八車で運んだというが、水が溢れて道がぬかるんで大八車が立ち往生しないようにと、酒蔵地帯の一部に板状の石をレール状に並べて敷いていたと言う。
Read More
西宮神社

日本遺産に認定

2020年6月19日、神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市(幹事市)の 5市が申請を行った『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、 伊丹と灘五郷 』が 日本遺産に認定された。
Read More
宮水

宮水

灘の生一本の酒造りに欠かせない水。 西宮市の南部の久保町、鞍掛町、石在町当たりの比較的狭いエリアの比較的浅いところから湧く水。
Read More
白鹿記念博物館 酒蔵館

宮水を運んだ大八車

灘五郷の日本酒に欠かせないのが、西宮の狭いエリアに湧く 宮水>> 昔は、その宮水を樽に入れて大八車に積んで運んでいた。
Read More
酒蔵

米麹

米麹は蒸した米に麹菌を付着させ、繁殖・発酵させて作る。酒や味噌、醤油などの原料として使われる。
Read More