甲子園素盞嗚神社

← 前のページに

甲子園球場に隣接するような立地にある神社。
「甲子園球場の後ろにできたのではなく、神社があったその横に球場が後から来たんです!」と宮司さんが笑いながら説明される。

スサノヲ神社

神社の創建の年代は不詳だが、元禄元年や天保年間の再建の記録から300有余年前と推測されている。
素盞嗚尊(すさのをのみこと)が祀られているこの神社は、武庫川の支流だった枝川と申川の三角州の要の土地にあり、暴れ川だった武庫川の治水を願ったものと思われる。

今ではタイガース神社とか野球の神様とか言われ、必勝祈願をするタイガースのファンや高校野球関係者が多く、ベース型やボール型のお守りもある。
境内には、元

元岡田監督や元星野監督の揮毫による野球塚やボール型のモニュメントもある。

8月1日には野球祭りが開かれる。

星野監督の揮毫
スサノヲ神社
野球塚(元岡田監督の揮毫)の前にはホームベースがある。

7月15日は甲子園素盞嗚神社の夏祭り。
夕方からは地域の方々の夜店も並ぶ。

Table of Contents